Vtuber配信に必要な動く待機画面の簡単な作り方を紹介!

この記事には広告を含む場合があります。

Vtuberとしてライブ配信をするなら、待機画面を用意しておきましょう。

なぜなら待機画面を用意することで、トイレ等で一時的にその場から離れている待ち時間でも、視聴者を飽きさせないことができるからです。

配信中に席を離れた際、画面上に何も動きがないと視聴者としては面白くないので配信から退出されてしまうかもしれません。

そうならない為にも、視聴者を飽きさせない工夫の1つとして待機画面を用意するのをオススメします。

この記事では、動く待機画面の作り方について紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

待機画面とは?

Vtuberとして使用する待機画面とは、主にライブ配信の冒頭やトイレなど配信中に席を離れる際に、視聴者を飽きさせない為の画面になります。

待機画面を用意することでいろいろなメリットがあります。

待機画面のメリット
  • 視聴者の離脱を防ぐ
  • 視聴者に告知ができる
  • グッズ等の宣伝が可能

ライブ配信の冒頭であったり、トイレなどの待ち時間など、動きがない画面だと視聴者は飽きてしまい配信から離脱される可能性があります。

そのため、可能なら待機画面では動きがある画面にするのがいいんですよね。

これはゲームのローディング中の画面を想像してもらうといいかもしれません。

声優志望のギャル

ゲームのロード画面?

たとえば、あなたがアクションゲームをプレイするとしましょう。

その際ステージの切り替えのためにゲーム画面がロード中になり、画面が真っ暗の状態で10秒間待たないとダメだった場合、ストレスが溜まりますよね?

一方、ロードの状況が分かるようにパーセント(%)ゲージがあったり、ゲームキャラが画面内を動き回っていたら少なからずストレスは軽減されるはずです。

同じ10秒でもただ真っ暗な画面で待つのと、ロード画面に動きを持たせるのだと、ストレスの負担が全く違います。

そして、これはVtuberの待機画面も同じなんですよね。

視聴者はストレスの負担が大きければ大きいほど、配信から離脱する可能性が高くなります。

そのため、視聴者の負担を軽減させて飽きさせないためにも、待機画面は用意しておくのをオススメします。

こーぷ

待機画面にイベントの告知やグッズ情報を載せることで宣伝としても有用です

動く待機画面の簡単な作り方

待機画面を自分で作る際、”Canva”というサイトを使用することで簡単に作れます。

Canvaとは、オーストラリア発の画像デザインソフトです。

無料プランと有料プランがありますが、無料プランでも十分な機能が利用できます。

今回はCanvaを使用して無料で作った以下の待機画面の作り方について紹介してきいきます。

上記の動画はファイルの容量をかなり下げているので画質は悪いですが、今回紹介する手順では綺麗な画質で制作できるので安心してください。

作り方について以下の画像にある順番で解説したいと思います。

それぞれ詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

声優志望のギャル

か、簡単に頼むわよ?

こーぷ

難しくないので安心してください

テンプレート選択

Canvaのページにアクセス後、①「動画」をクリックし、②「YouTube動画」をクリック。↓

補足

テンプレート選択後、画面左上にある①「時計」をクリックし、②「タイミング」にて動画の時間を調整できます。

こーぷ

基本はループ再生させるから、5秒~10秒くらいで全然問題ないですよ

声優志望のギャル

私はいろいろ動かしたいから10秒にするわッ!

背景選択

画面左上の①「カラーマーク」をクリックし、背景にしたい②「好きな色」をクリック。↓

好きな背景色を選んだあと、文書で使用のカラー欄にて①「選んだ色」をクリックして②「色の調整」を行ってください。↓

補足

画面左側にあるメニュー欄にて①「デザイン or 素材」をクリックして、検索窓に②「背景」と入力して検索をすると、背景素材が表示されるので、好きなものを設定してください。↓

こーぷ

動く背景やかわいい背景などがあるので、いろいろ検索してみるといいですね

声優志望のギャル

たくさんあって迷う~

文字に動きを付ける

左側のメニュー欄にある①「テキスト」をクリックし、②「見出しを追加」をクリック。↓

追加した文字枠に「好きな文字」を入力。↓

文字を選択状態にして、自身の好きな「文字サイズ」「文字フォント」「」「文字エフェクト」等に加工する。↓

文字の加工が完了したら、改めて文字を選択状態にして①「アニメート」をクリックして、好きな②「テキストアニメーション」を選択してください。↓

補足

オリジナルグッズやイベントなど、自身の情報をPRしたい場合は、文字の追加を利用するのをオススメします。

声優志望のギャル

文字が動くと目立つから宣伝効果になりそうねッ!

こーぷ

いろいろな動きを試してみてください

動く素材を追加

左側のメニュー欄にある①「素材」をクリックし、検索窓に②「ロード」と入力して検索を掛け、③「グラフィック」をクリック。↓

自身の好きな「素材」を設置してください。↓

補足

左側のメニュー欄にある①「素材」をクリックし、検索窓に②「動き」と入力して検索を掛け、③「グラフィック」をクリックする事で、動く素材がいろいろ表示されるので試してみてください。↓

こーぷ

動く素材はたくさんあるので、いろいろ検索してみてください

声優志望のギャル

アレもコレも追加したいわね・・・

Vtuberモデルを設置

左側のメニュー欄にある①「アップロード」をクリックし、②「ファイルアップロード」クリックして、モデルの立ち絵をアップロードしてください。↓

追加したモデル画像の「大きさ」や「設置する場所」を決めてください。↓

モデル画像の設置場所が決まったら、モデル画像を選択状態にして①「アニメート」をクリックして、②「好きなアニメーション」を選択してください。↓

補足

動画もアップロード可能なので、VTube Studionizima LIVEなどのトラッキングソフトでモデルの動きを録画して、アップロードするのもオススメです。

声優志望のギャル

モデルに動きがあるのはいいかもしれないわねッ!

こーぷ

録画はOBSを使用すれば可能なので、ぜひチャレンジしてみてください

制作ファイルのダウンロード

待機画面が完成したら、画面右上にある①「共有」をクリックし、②「ダウンロード」をクリック。↓

以下画面にて①「ファイルの種類」を選んで、②「ダウンロード」をクリック。↓

以上で待機画面の完成です。

今回は簡易的な動く待機画面の作り方について説明しました。

特に難しい操作などは無いので、まだ待機画面を持っていない人はぜひこの機会に制作してみてください。

声優志望のギャル

案外簡単にできるのねッ!

こーぷ

もっと作りこんでみるのも面白いかもしれませんね

待機画面を手に入れる方法

待機画面を手に入れる方法はいろいろあります。

たとえば

  • 自分で作る
  • フリー素材を使用する
  • クリエイターに依頼する

です。

それぞれについて詳しく解説していきますので参考にしてみてください。

声優志望のギャル

自分で作る以外にも選択肢あるのね

自分で作る

時間に余裕がある人は自身で待機画面を作ってみてください。

自身で作ることで、好きなデザインにできるだけではなく、お金も掛からないのでオススメです。

デザインのセンスが無くても簡単な待機画面であれば、”Canva”というサイトを使用することで誰でも簡単に作れます。

声優志望のギャル

今回の待機画面の解説で使用したサイトねッ!

Vtuber活動をはじめるにはモデルの制作依頼料やキービジュアル画像、ティザーPVの用意などお金はいくらあっても足りません。

そのため、あまりVtuber準備などにお金を投資できない人は金額を抑えられる部分があるなら、実施するべきです。

特に難しい操作もないので、まだ待機画面を持っていない人はこの機会にぜひ自作の待機画面を制作するのに、チャレンジしてみてください。

こーぷ

頑張って制作してみてください

フリー素材を使用する

自分で待機画面を制作する時間が無い人や、お金を掛けたく無い人はフリー素材を使用するのをオススメします

いろいろなクリエイターが、無料で待機画面を公開しているので、自分の気にいったものを見つけられるはずです。

欠点としては、フリー素材なので待機画面のデザインが他のVtuberと被る場合があるという点です。

しかし、かなりの数のフリー素材が出回っているので、被る可能性もそこまで高くはありません。

声優志望のギャル

ほんとにたくさんのフリー素材があるわよ!

そのため、時間やお金を掛けたく無い人はフリー素材を活用してみるといいですね。

フリー素材を探すならBOOTH(ブース)というサイトがオススメです。

BOOTHでは同人誌や手作りグッズなどの物販商品から、イラスト・ゲームなどのデジタルコンテンツまでいろいろなモノが販売されています。

そして、BOOTHのすごい点は無料配布されているコンテンツがいろいろとあるところです。

もちろん、待機画面も含まれているので、フリー素材を探す際はまずBOOTHで探してみてください。

こーぷ

BOOTHを利用するにはアカウント登録が必要です

BOOTHのアカウント登録をまだしていない人は、以下記事で詳しく説明していますので参考にしてみてください。

クリエイターに依頼する

デザイン性に凝った自分だけのオリジナル待機画面を作りたい場合は、クリエイターに依頼するのが一番です。

お金は掛かってしまいますが、他のVtuberと被らないので差別化できるのも嬉しいポイントですね。

声優志望のギャル

他の人と被らないのは魅力的よね・・・

待機画面の作成依頼をする場合は、SKIMAを利用してみてください。

SKIMAはイラストやキャラクターデザインに特化したサイトで他の似たようなサイトと比べて、登録しているイラストレーターなど、絵を専門にしているクリエイターがTOPクラスに多いです。

そのため、デザインに凝ったオリジナル待機画面を作りたい場合は、SKIMAを利用して制作依頼をするのをオススメします。

こーぷ

好きな絵柄のクリエイターを探して依頼してみましょう

SKIMAの会員登録がまだの人は、以下記事で詳しく紹介していますので参考にしてみてください。

まとめ

今回はVtuberの待機画面の作り方について紹介しました。

Vtuber活用をするうえで、待機画面は視聴者にストレスを掛けないためにも用意しておくのがベストです。

また、待機画面を利用してイベントやグッズなどの宣伝も可能なので、まだ持っていない人はこの機会に用意するのをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次